「防水工事業者なんてどこも同じでしょ」・・・あなたはそうお考えになりますか?

防水工事専門 K styleの、現場にかける想い、理念とはどのようなものでしょうか。
住宅ライター・野村綾乃さんに当社代表取締役・金城和生にじっくりとインタビューしていただきました。


防水王になる!—この心意気はどんな想いから生まれたものなのですか?

金城社長

この仕事を始める前、私は足場工事をしていたのですが、何棟・何軒もの建物改修に関わる中で、防水工事の良し悪しが「建物の寿命」「建物の健やかさ」に大きな影響を与えていることを痛感しました。目につく塗装工事も大事です。その中でも建物を守る上で、外から見えない防水工事がいかに大事かも実感したのです。

ところが、その良し悪しは一般の方が見てもまず分からない。言葉は悪いですが、工事の手を抜こうと思えば抜けるし、お客様を騙そうと思えば騙せてしまいます。金額重視で請け、適正な工事をできずに仕上げてしまう業者も少なくないのが現実なのです。しかも、専門知識・技術が必要な工事であっても、防水工事業者に直接見積依頼は来ずに、専門外の業者に依頼する方も多いことが現状です。そのように他業者と一緒に考えられたり、外から見えずに理解を得られにくいのが防水工事の現実ですが、だからこそ、真剣に取り組まなければ!しっかりとした知識・技術のある職人が、建物とそこに住む人のために、適正価格で質の良い工事をしたい!そしてそれを業界のスタンダードにしようと【防水王】を志しました。

良し悪しが分かりにくい工事となると、
会社によって請け方や職人さんの技量に幅がありそうですね・・・

金城社長インタビュー風景

「同業者からアドバイスを求められることも…」

大きく分けて5分野の施工がありますが、建物やその状況によって工事の仕方はそれぞれ。まさにケース・バイ・ケースです。私は、塩化ビニル系シートとウレタンゴム系防水施工の「一級防水施工技能士」の国家資格も持っていますが、有資格者でなくても防水工事自体は請けられるので、会社によって職人の知識や技術に差があるのは確かですね。

当社はどんなケースの防水工事も対応できるので、他社では不可能だった特殊な施工での工事を依頼されることも少なくありません。逆に、他社なら請けるであろう依頼でも、自分が納得できない内容ならば首を縦には振りません。それで相手や取引先とぶつかる事も正直ありますが、そこは信念を曲げずに進めています。その頑固さも手伝ってか、同業者からアドバイスを求められることも。同じ業界内からも技量や志を認めてもらえているのは自分の誇りにもなっています。

“防水業界の異端児”という印象すら受けますが
依頼を請ける上でモットーにしていることは何ですか?

金城社長2

仕上がりも、現場も「美観」が大切

一つは『美観』。仕上がりは当然のこと、作業中も整然とした現場を徹底しています。職人達の作業服は、定番とも言えるニッカポッカではなくストレート。スマートさも大切にしながら、いつ誰と会ってもキチンとした印象を持って頂けるように、日頃から自分達の身だしなみにも気を配って工事も人も美しくあることに努めています。

もう一つは『完璧』。有難くもお客様からお金を頂くわけですから、出し惜しみなく最高の工事でお応えします。お客様が心底満足できる工事を行いたいので、自分達が考えられるできる限りを提案。予算に合わせた提案をはじめ、建物の将来を考えた上で専門業者として勧める提案、金額を重視した必要最低限の提案など・・・いくつかの中からお客様に選んで頂くようにしています。他にも、分かりやすい大きな写真で工事進捗をその都度お知らせするなど、トータルで満足して頂けることを心掛けて“完璧な防水工事”を目指しています。

最近は防水だけでなく、塗装工事にも力を入れていらっしゃるそうですね?

先ほども申し上げたように、防水と塗装は密接に関連していて、どちらも建物や住む方にとって非常に大事なものです。漏水が起こり調査しますと、塗装工事の良し悪しに係わっている漏水も現実にあります。
下地の補修工事がされていない・コーキングの打ち替えをしていない・塗料の膜の厚みが足りていない、などの状態です。
建物の美観はもちろんのこと、都度お客様と現状を確認しながら中身もしっかりとした塗装工事を心掛けています。
やはり「工事屋」として、目で見て美しさを実感できる塗装工事もやりがいを感じます。

いろいろな防水・塗装工事を行う中で、どんな時に喜びを感じますか?

金城社長&野村綾乃

熱いインタビューを終えて…

自分達の工事に満足して頂き、「キレイ!」と言ってもらえるのは嬉しいですね。お客様と仲良くなって、工事が終わった後も可愛がって頂いているのも有難いです。個人・法人に限らず、クチコミで当社に依頼をして下さる方も多く、嬉しい励みとなっています。

防水工事をお考えの方に、ひとことお願いします!

分かりにくく見えにくい防水工事ですが、目先のことではなく、建物の“先のこと”を考えた適正な工事を行うことで大切な建物が長持ちし、かえってお値打ちになるケースも多々あります。お客様も、そして自分達も納得できる提案をします。何でも聞いてください!何でも任せてください!!


株式会社K style~会社理念~

K style会社理念
建物の未来

社員の未来

人の未来

全ての幸せのために

業界no.1に挑戦する

 


インタビュアー 野村綾乃プロフィール

野村綾乃

●東海エリアの子育てコミュニティ【マンマ・マーマ】編集長。
●住宅ライター
●ラジオ番組構成作家
●ラジオパーソナリティー

大手証券会社のOLを経てラジオ業界に転身。名古屋のラジオ局でレポートドライバー・パーソナリティーを務める。
現在は、番組構成作家のほか「取材好き」と「引越し族」が高じて住宅ライターとしても活動。
またパーソナリティーとしては東海ラジオ、エフエム岡崎などに出演中。

ピックアップ記事

  1. Kstyleは、防水工事だけでなく外壁の塗装工事も承っていま…
  2. 夏の陽射しには堪えますね。 今年も梅雨の雨、いきなりの…
  3. なぜ、防水層の修繕・改修は必要になってくるのでしょうか? …

最近の投稿