防水工事には適材適所があり、工事する場所によって同じ雨漏りでも工事の仕方が変わってきます。

複雑な場所や狭い場所、広い面積の場所や紫外線をよく浴びる場所等、
雨漏りの原因にも当然工事の種類は変わってきますが、
一番影響するのはなんと言ってもその場所自体でしょう。

例えば雨漏りの定番と言えば屋上ですが、
屋上の場合はシート防水という方法がオススメです。

比較的に低価格で行う事が出来て、ソーラーパネルを設置しているような屋上でも工事が可能。
ただし定期メンテナンスが必要ですが、きちんと行っていれば約15年は耐用します。

同じ屋上でも大型ビルやマンションや学校といった広い面積のところですと、
アスファルト防水という方法がオススメです。

アスファルト防水と言っても細かい方法に分けると色々あり、
そこは場所の状態や費用等によって変わってきます。

ただどの方法にしてもアスファルト防水の場合は耐用年数が約20年と比較的に長く、
また昔から行われている工事方法のためとても信頼度のある工事方法となっています。

アスファルト防水の中でも多いのは熱工法ですが、
狭い場所や地域といった人々に影響を与えやすい場所では冷工法という煙や臭いの少ない工事も可能です。

※施行例

sample1

【当社施工対応地域】
愛知県,名古屋市,愛西市,あま市,安城市,一宮市,稲沢市,犬山市,尾張旭市,春日井市,北名古屋市,清須市,江南市,小牧市,瀬戸市,津島市,豊明市,長久手市,日進市,みよし市,弥富市/そのほか岐阜県内/三重県内の防水工事のことならお任せください!

ピックアップ記事

  1. 夏の陽射しには堪えますね。 今年も梅雨の雨、いきなりの…
  2. なぜ、防水層の修繕・改修は必要になってくるのでしょうか? …
  3. 防水層は、マンションなどのコンクリートで施工された屋根部分に…

最近の投稿