防水工事には適材適所があり、工事する場所によって同じ雨漏りでも工事の仕方が変わってきます。
複雑な場所や狭い場所、広い面積の場所や紫外線をよく浴びる場所等、
雨漏りの原因にも当然工事の種類は変わってきますが、
一番影響するのはなんと言ってもその場所自体でしょう。

ベランダの防水工事が必要という場合はFRP防水がオススメです。
強度が高いのに素材自体は軽く、耐水だけではなく耐熱にも効果があるので
とても魅力的な工事なのですが、ただ費用が少し高めになってしまうので
その点で悩まれる方は多いかもしれません。

これらの場所も含め、狭い所や複雑な構造になっている所でも工事可能なのはウレタン防水という方法。
建物への負担が少いのが魅力ではありますが、
定期メンテナンスが必須という点と工事期間が少し長めなのが気になるかと思います。

この様に場所によってそれぞれ工事方法が変わってきますが、
これを見て独断でどの方法にしてほしいと決めてしまうよりもしっかりと防水工事業者に場所を検査してもらった上で
最適な工事方法を提案してもらうようにするのが一番でしょう。

※施行例

sample1

【当社施工対応地域】
愛知県,名古屋市,愛西市,あま市,安城市,一宮市,稲沢市,犬山市,尾張旭市,春日井市,北名古屋市,清須市,江南市,小牧市,瀬戸市,津島市,豊明市,長久手市,日進市,みよし市,弥富市/そのほか岐阜県内/三重県内の防水工事のことならお任せください!

ピックアップ記事

  1. Kstyleは、防水工事だけでなく外壁の塗装工事も承っていま…
  2. 夏の陽射しには堪えますね。 今年も梅雨の雨、いきなりの…
  3. なぜ、防水層の修繕・改修は必要になってくるのでしょうか? …

最近の投稿